FC2ブログ

私の親父#3

今日は板橋区内の現場で足場の隙間塞ぎを兄貴とともに施工してきました。
外装屋さんの下請けで仮設工事のみの現場です。
仕事が少ないので、こういう工事も有り難いです。
朝から夕方5時までかかりました。

IMG_3912.jpg
今日の作業場

IMG_3915.jpg
分かりづらいですが、足場を下から見たところ

こういうところを、物やゴミが落ちないように塞ぎます。
安全対策です。

IMG_3913.jpg
こんな感じです

IMG_3917.jpg
施工後です

IMG_3921.jpg
同じく施工後

IMG_3923.jpg
同じく施工後


では、本題に入ります。

今日は11月20日ですが、私の親父の月命日です。
今後毎月20日は親父を偲び私の知っている親父の記録を残すために、
記事にしていきたいと思います。

僕の親父は無口な人でした。
僕が生まれる一年前に大工として独立しました。
親父が30歳の時でした。
当時は高度経済成長まっただ中だったようです。
世田谷区のマンションで僕が4歳まで暮らし、
僕の幼稚園入園前にこの板橋区に、
建売を買って、家族5人で引っ越してきました。
貯金なんて全くなかったようですが、
当時は仕事がいくらでもあった様で、
銀行もばんばんお金を貸してくれたみたいです。
今とは大違いです。
借金をしても、不安なんてなかったようで、
仕事をしていれば余裕で返せる、そんな感覚だったようです。
未来には希望だけがある。そんな感じでした。
親父は今思うと、『職人気質』とか『大工一筋』というような、
いわゆる大工ではなかったようです。
どちらかというと、経営者っぽい感じで、
お酒を飲んで語るとき、よく『俺は人に使われるのが嫌で独立した』と
いっていたのを思い出します。
無口なんですけど、お酒を飲むと自分の自慢話を、
誇らしげに僕らに語っていました。

今日はこの辺で。

お疲れさまでした。

ではまた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩淵 治

Author:岩淵 治
岩淵工務店 ホームページ

ブログランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 住まいブログへ
参加しています 宜しければワンクリックお願いします
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
アクセスカウンター 2009-05-30
グーバーウォーク 2009-11-12
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
あし@